2008 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312008 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【株式】上場維持に賭けるデイトレーダーも--日航(JAL)株が2日連続ストップ安で終値7円に

jal.jpg


1 ライトスタッフ◎φ ★ 投稿日:2010/01/13(水) 19:39:48 ID:???
13日の東京株式市場で日本航空(JAL)株が前日に続き、値幅制限の下限
(ストップ安)となる前日比30円安の7円で取引を終了した。19日がメドと
される会社更生法の申請による法的整理に向けて関係方面の準備が進む中で、
100%減資しない方式による法的整理によって上場維持の可能性も残るものの、
100%減資による上場廃止の方向性が有力視され始めた今週明けから、2日間で
一気に60円も値を下げた格好だ。

出来高は8億2296万8000株と、東証1部全体(約31億株)の3割近くを
占めた。さらに2594万7000株の売り注文が残った。

JAL株は100円を割り込み始めた昨年11月ごろから、短期間の売買で差益を狙う
「デイトレーダー」と呼ばれる個人投資家の間で、とくに売買が活発になされていた
ようだ。ネット証券大手の松井証券のデータによれば、松井顧客の個別銘柄の売買株数
・代金ランキングでトップクラスに顔を出すようになっていた。松井にかぎらず、
他のネット証券でも同様の傾向があったとみられる。

デイトレーダーにすれば、株価が100円を割り込むような低位株は、短期的な取引で
差益を狙いやすい銘柄となり、株価が乱高下しやすくなる。100円以下では、最低
投資単位も最小限となり、株価が1円上下するだけで1%以上の差益を得られるからだ。
過去にも、三菱自動車などが経営危機の際にデイトレーダーの標的となって、株価が
乱高下したケースがあった。

だが、今回、JAL株の短期的な取引で利益を狙ったデイトレーダーの多くが、大火傷を
負ってしまったのは間違いない。

東京証券取引所は、会社更生法を適用した場合でも100%減資しないなどの一定条件を
満たせば、上場を維持できるルールを2003年から適用している。これは、経済産業省
が当時の産業再生機構を立ち上げる際に東証に要請して、策定されたルールだ。

一方、このルールが今まで適用された例はない。「会社更生法を適用した場合、社債は
デフォルト(債務不履行)、ローン債権も一部返済不能になるなど債権者が責任を負う
のに、株主の責任が限定されるのは、違和感がある」と東証幹部も話すほどだ。

※もう少し続きます。

◎ソース
http://www.toyokeizai.net/money/markett2/detail/AC/36b85f8163283454e696bcd36bf02343/
スポンサーサイト

【科学】「ゲーム脳」などの非科学的な俗説が広まる 発表時には科学的根拠を明確に…日本神経科学学会・研究倫理指針改定

funatsu1.jpg


1 あやめφ ★ 投稿日:2010/01/11(月) 18:09:26 ID:???
脳機能を画像化する装置の発展で、脳に関する非科学的な俗説が広まっていることから、
日本神経科学学会は8日、新たに研究者が守るべき注意点を盛り込んだ研究倫理指針を
発表した。

指針は2001年に策定、昨年12月、大幅に改定した。近赤外光脳計測装置(NIRS)など、
人体を傷つけない装置の開発で、工学、文学など異分野の研究者が脳科学に参入した。

しかし、ゲームに熱中すると、脳の前頭前野の働きが低下する「ゲーム脳」になるといった
研究などが、科学的検証を受けずに流布。発表時には科学的根拠を明確にするよう求めた。
また、実験で被験者へのインフォームド・コンセント(説明と同意)が十分ではない研究者が
目立つとして、人権への配慮を徹底すべきだと指摘した。

指針は、学会のホームページで公表している。

YOMIURI ONLINE
http://osaka.yomiuri.co.jp/science/news/20100111-OYO8T00505.htm
日本神経科学学会 「ヒト脳機能の非侵襲的研究」の倫理問題等に関する指針
http://www.jnss.org/japanese/info/secretariat/rinri/

【外食】、大阪・天満が“たい焼き激戦区”に!--東京で行列のたい焼き店進出

20100107172851_00_400.jpg


1 ライトスタッフ◎φ ★ 投稿日:2010/01/10(日) 21:02:12 ID:???
東京で行列の羽根付きたい焼きの「たいやき神田達磨」が1月29日(金)、大阪・天満に
天神橋店をオープン! 12月にオープンした新店なども合わせ、天満が今、
“たい焼き激戦区”へと変ぼうしている。

東京・神田で1日4000個を売り上げるという「たいやき神田達磨」の羽根付き薄皮
たい焼き(140円)は、周りに羽根を残しパリッとした食感が特徴だ。天神橋店では、
オープンから2日間限定でたい焼きが1人1個まで0円になるお得なイベントを開催。
昼0時~1時に来店した人が対象なので気になる人は足を運んでみて!

12月にオープンしたばかりなのは、生地が絶品と人気の「鳴門鯛焼本舗」。小倉あん
(140円)は、北海道十勝産の厳選された最高級小豆を使用した本格派。1匹1匹直火で、
短時間で焼き上げる一丁焼きにこだわっている。

ユニークな白たい焼きは「たい焼き本舗藤家」で味わえる。もちっとした食感が評判の
白いたいやき(150円)はクリームチーズがオススメ。濃厚なチーズを楽しんで。
他にクリームやチョコなどもあり。

惣菜系などバラエティー豊かなたい焼きが食べられるのは「薄皮たい焼き たい夢」。
パリパリの皮に、頭から尾まで具材がぎっしり入っている。ジャーマンポテト(150円)は、
ほくほくのジャーマンポテトが美味。薄皮なので、飽きることなく食べられるの
もうれしい。

一本のたい焼き方を回して焼くのは「一本焼き 野乃屋えびす庵」のたいやき(130円)。
火の通りが絶妙なたい焼きは、外皮が香ばしく、中身はふんわり。北海道十勝産の
小豆とアツアツの生地が、相性バツグンのおいしさだ。

狭いエリアに個性豊かなたい焼き店が続々オープン中の大阪・天満。お気に入りの
たい焼きを探しに、商店街へ遊びに行こう!

【話題】『中国が世界一を誇る12分野』--仏週刊誌が紹介

view-rcdc-20100108030-item.jpg



1 ライトスタッフ◎φ ★ 投稿日:2010/01/08(金) 22:59:18 ID:???
フランスの週刊誌「Le Point」(09年12月24日号)の中国特集で、「中国が世界一を
誇る12分野」が紹介された。中国が「世界一」を誇ると紹介されたものには
意外なことに省エネ関連製品や携帯電話などが含まれている。

●その1 【省エネ電球】
世界で生産される省エネ電球の8割は中国製。フィリップスやオスラム、ゼネラル
・エレクトリックなど大手メーカーも中国工場に製造を委託している。

●その2 【玩具】
世界で生産されるおもちゃの3分の2は中国製。しかし、安全性の問題が指摘されており、
欧州連合(EU)と米国では一部製品が販売禁止となっている。

●その3 【風力発電】
エネルギー消費量が多い中国は早くから風力発電の研究に取り組んできた。
中国製の風力発電機の生産台数は世界一である。

●その4 【電気自動車用電池】
中国の役人は自国の石油がほぼ底を尽きかけていることを知っている。そのため、
電気自動車の開発に熱心に取り組んでいる。中国は電力革命のリーダーを目指して
いるようだ。

●その5 【太陽電池パネル】
中国は07年から世界の太陽電池パネル生産のリーダー的存在だ。江蘇省無錫市の
無錫尚徳公司を始めとする多くの中国企業は、日本の京セラなど海外企業にサービス
を提供している。

●その6 【携帯電話】
世界の携帯電話の約半分は中国で生産されており、うち広東省深セン市の大型工場が
大部分を占めている。これらメイド・イン・チャイナの携帯電話は様々な国の様々な
規格に対応している。

●その7 【カラーテレビ】
中国は世界最大のカラーテレビ生産国。特に貧しい発展途上国での市場開拓に力を
入れている。

●その8 【家電】
巨大な国内市場を抱える中国は、冷蔵庫、洗濯機、扇風機、エアコン、掃除機など
様々な家電を大量に生産している。

●その9 【紡績品】
09年、中国製の生地や衣類の輸出総額は1800億ドルを超える見通し。欧米の紡績業界は
早々に中国製との競争に敗れた。他のアジア諸国も力を付けてきているが、やはり
中国にはかなわない。

●その10 【鉄鋼】
09年の中国の鋼材生産量は5億トンを超える見通し。これは世界シェアの40%以上に
相当する。

●その11 【コンピューターのハードウェア】
中国の著名なPCメーカー・レノボ(聯想)は04年、IBMのPC部門を買収し、一躍その名を
世界に轟かせた。現在は世界の4大PCメーカーの1つ。実のところ、海外ブランドPCの
多くは中国製だ。

●その12 【革製品】
中国は革製品の製造、輸出、輸入のいずれも世界一を誇る。世界の革市場はまるで
中国と中国の製靴業界の周りをぐるぐると回っているようだ。

【経営】『ニッポンの経営者 名言11選』

3208WB0.jpg


1 ライトスタッフ◎φ ★ 投稿日:2010/01/06(水) 14:29:46 ID:???
優れた経営者は、人を魅了する言葉を持っている。戦後の焼け跡から
日本を世界の経済大国へと押し上げた伝説の経営者たち。
彼らの一言一句には、経験と成功、そして失敗に裏打ちされた含蓄がある。
不況の今だからこそ耳を傾けたい、11人の経営者の名言を紹介しよう。(文中敬称略)

■「誰もやらないむずかしい事業をやるから人生は面白い」
豊田喜一郎(トヨタ自動車 1894~1952)

■「人間は知と行だけではダメである。そこには必ずだれにも負けないという
 信念が必要である」
五島慶太(東急グループ 1882~1959)

■「失敗は何にでもつきもんやで、恐れてては何もできまへん」
吉本せい(吉本興業 1889~1950)

■「アイデアのいい人は世の中にたくさんいるが、いいと思ったアイデアを
 実行する勇気のある人は少ない」
盛田昭夫(ソニー 1921~99)

■「満塁ホームランを狙うな、一歩一歩でいい」
藤田 田(日本マクドナルド 1926~2004)

■「人生に遅すぎるということはない。50歳でも60歳でも新しい出発はある」
安藤百福(日清食品 1910~2007)

■「何でも時代のせいにしてりゃあ、そりゃあ楽だ」
田辺茂一(紀伊國屋書店1905~81)

■「一生涯の目的を達成せんとするものは、終始一貫、最後の目的に
 突進することである」
石橋正二郎(ブリヂストン 1889~1976)

■「成功したと思うこと、それがすなわちマンネリと保守化、形式化、
 慢心を生む源だ」
柳井 正(ファーストリテイリング 1949~)

■「世の中の変化、お客様のニーズの変化こそが最大の競争相手なのです」
鈴木敏文(セブン&アイ・ホールディングス セブン-イレブン・ジャパン 1932~)

■「世の中には困難なことが山ほどあるが、不可能なことは少ない」
孫 正義(ソフトバンク 1957~)

『危機を好機にかえた名経営者の言葉』の著者で評論家の谷沢永一氏は、
名を成した創業者の言葉には経験に裏打ちされた生きるヒントがあるという。

「この世に、万事が順風満帆に成功した創業者はいません。板一枚、下は地獄。
創業者はそんな場所から普通の人の目には見えない事業の種を見つけ、失敗を
繰り返し、揺るぎない根性で逆境をはねのけ終局的に成功した。そうした傑物が
ふと漏らした知恵の機微に触れ、深く読み込むことで、生きる手掛かりを得る
ことができるのです」

執念、周到、果敢……。創業者の名言は、時代の「羅針盤」なのかもしれない。

◎週刊朝日 http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/asahi-20100106-01/1.htm

※超長文記事のため、『名言』部分のみ抜粋しました。
 ソース記事では、それぞれの人物寸評や時代背景等が紹介されています。 
ページ最上部へ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。